本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『遠野物語・山の人生』柳田国男(岩波文庫)

『遠野物語・山の人生』柳田国男(柳田國男)(岩波文庫)

未読

改版1976年
330頁



数千年来の常民の習慣・俗信・伝説には必ずや深い人間的意味があるはずである。それが攻究されて来なかったのは不当ではないか。柳田の学問的出発点はここにあった。陸中遠野郷に伝わる口碑を簡古かつ気品ある文章で書きとめた『遠野物語』、および『山の人生』は、柳田学の展開を画する記念碑的労作である。 (解説 桑原武夫)

出典:岩波書店 公式サイト

[関連]
『新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺』柳田国男(角川ソフィア文庫)

『山の人生』柳田国男(2013・角川ソフィア文庫)

『柳田国男作品集・26作品⇒1冊』Kindle版
amazon楽天ブックス

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする