本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新訂 妖怪談義』柳田国男(角川ソフィア文庫)

『新訂 妖怪談義』柳田国男(柳田國男)、小松和彦校注(角川ソフィア文庫)柳田国男コレクション

未読

2013年
333頁




目次(収録作品)

1 妖怪談義
2 かはたれ
3 妖怪古意――言語と民俗の関係
4 おばけの声
5 幻覚の実験
6 川童の話
7 川童の渡り
8 川童祭懐古
9 盆過ぎメドチ談
10 小豆洗い
11 呼名の怪
12 団三郎の秘密
13 狐の難産と産婆
14 ひだる神のこと
15 ザシキワラシ(一)
16 ザシキワラシ(二)
17 己が命の早使い
18 山姥奇聞
19 入らず山
20 山人の市に通うこと
21 山男の家庭
22 狒々
23 山の神のチンコロ
24 大人弥五郎
25 じんだら沼記事 附 大太法師伝説四種
26 一つ目小僧
27 一眼一足の怪
28 片足神
29 天狗の話
  妖怪名彙

解説:小松和彦

[関連]
『妖怪談義』柳田国男(1977・講談社学術文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする