本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『宮沢賢治コレクション8  詩3 春と修羅 第三集・口語詩稿ほか』(筑摩書房)

『宮沢賢治コレクション8  詩3 春と修羅 第三集・口語詩稿ほか』宮沢賢治(筑摩書房)シリーズ全10巻

未読

2017年
399頁




目次(収録作品)
『春と修羅』第三集(村娘/春 ほか)
『春と修羅』第三集補遺(“白菜はもう”/“西も東も” ほか)
詩ノートより(病院/運転手 ほか)
口語詩稿より(阿耨達池幻想曲/こころ ほか)
本文について
エッセイ 賢治を愉しむために

賢治の詩の中で、主に「生活」や「現実」に関する題材が多い『春と修羅 第三集』および補遺をすべて収録。また、その素材となるテーマを多く扱っている「詩ノート」、口語詩稿より数十篇を選び収録した。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする