本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『宮沢賢治コレクション6  詩1 春と修羅』(筑摩書房)

『宮沢賢治コレクション6  詩1 春と修羅』宮沢賢治(筑摩書房)シリーズ全10巻

未読

2017年
374頁




目次(収録作品)

春と修羅
真空溶媒
小岩井農場
グランド電柱
東岩手火山
無声慟哭
オホーツク挽歌
風景とオルゴール
『春と修羅』補遺
短唱 冬のスケッチ

最愛の妹トシとの死別に際して創られた「永訣の朝」をはじめとして「小岩井農場」「真空溶媒」「東岩手火山」「風景とオルゴール」等、著者生前唯一の詩集『心象スケッチ 春と修羅』全70篇と補遺9篇を収録する。さらに、その後の多くの作品への萌芽を感じさせる短唱「冬のスケッチ」を全篇収録。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする