本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『宮沢賢治コレクション4  童話4 雁の童子』(筑摩書房)

『宮沢賢治コレクション4  童話4 雁の童子』宮沢賢治(筑摩書房)シリーズ全10巻

未読

2017年
335頁




目次(収録作品)

風野又三郎

二人の役人
鳥をとるやなぎ
化物丁場
茨海小学校
二十六夜
革トランク
おきなぐさ
黄いろのトマト
チュウリップの幻術
ビジテリアン大祭
土神ときつね
林の底
マグノリアの木
インドラの網
雁の童子
学者アラムハラドの見た着物
ガドルフの百合
葡萄水

第4巻は、西域ものの内、もっとも完成度が高い表題作をはじめとして、「風の又三郎」の別バージョン「風野又三郎」、「食」に対する考えをユーモラスに表現した「ビジテリアン大祭」、自身の姿を戯画化したとも言われる男の話「革トランク」など傑作20篇を収録。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする