本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『宮沢賢治コレクション3  童話3・初期短篇』(筑摩書房)

『宮沢賢治コレクション3  童話3・初期短篇』宮沢賢治(筑摩書房)シリーズ全10巻

未読

2017年
335頁




目次(収録作品)

蜘蛛となめくじと狸
双子の星
貝の火
いちょうの実
よだかの星
さるのこしかけ
めくらぶどうと虹
気のいい火山弾
「ツェ」ねずみ
鳥箱先生とフゥねずみ
クンねずみ
十力の金剛石
若い木霊
カイロ団長
とっこべとら子
よく利く薬とえらい薬
十月の末
ひかりの素足
ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記
「旅人のはなし」から
復活の前
秋田街道
柳沢
花椰菜
電車
図書館幻想

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする