本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『神谷美恵子コレクション 本、そして人』(みすず書房)

『神谷美恵子コレクション 本、そして人』神谷美恵子(みすず書房)シリーズ全5冊

未読

2005年
349頁




目次(収録作品)

I
「存在の重み」――わが思索 わが風土
生きがいの基礎
ヒルティの恩
『ポリテイア(国家)』今昔
ミッシェル・フーコーとの出会い
V・ウルフの夫君を訪ねて

II
癩園内の一精薄児
島の診療記録から
蔦の話
心に残る人びと
桜井方策編『救癩の父 光田健輔の思い出』序文
老人と、人生を生きる意味
近藤宏一『ハーモニカの歌』序にかえて
原田禹雄『麻痺した顔――らいの検診カルテから――』序文

III
父(前田多門)の人間像
愛に生きた人
新渡戸稲造先生と女子教育
美しい老いと死

IV
マルクス・アウレーリウス『自省録』解説
ジルボーグ『医学的心理学史』訳者あとがき
シモーヌ・ヴェーユの軌跡
新渡戸稲造の人格形成
ヴァジニア・ウルフの病誌素描

V
加賀乙彦『フランドルの冬』書評
ミシェル・フーコー 中村雄二郎訳『知の考古学』書評
ミシェル・フーコー 田村俶訳『狂気の歴史』書評
ミシェル・フーコー 田村俶訳『監獄の誕生――監視と処罰――』書評
なだいなだ『わが輩は犬のごときものである』書評
読書日録
読書と思索――書簡より――

神谷美恵子の本棚

解説:中井久夫

「私は失敗ばかりしてきたような気がするが、その苦悩のなかで、ほんの少しばかり自分の頭でものを考えることができるようになったような気がする。それというのも、自分の頭でというよりは、多くの「精神的恩人」が心に残していってくれたものによるのだろう」結核療養期を支えてくれた「恩人」マルクス・アウレリウス、一生を決めるほどの「電撃」をうけたプラトンをはじめ、人生の折々に神谷美恵子を助け、つくりあげた本、そして人。新編集で贈るエッセイ集。

中井久夫の解説「神谷美恵子さんの「人と読書」をめぐって」(120枚)を付す。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする