本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『神谷美恵子コレクション 遍歴』(みすず書房)

『神谷美恵子コレクション 遍歴』神谷美恵子(みすず書房)シリーズ全5冊

未読

2005年
365頁




目次(収録作品)

1 スイスものがたり
序章/スイスへ行く前のこと/スイスへ/ジュネーヴの家/新渡戸稲造先生/寺子屋学校/ルソーのこと/スイスの山で/国際学校/デュプイ先生/成績表について/母のこと/終章

2 帰国
言葉の問題/「考えること」事始め/らいとの出会い/療養の日々/一冊の本/再び治って

3 ペンドル・ヒル学寮の話
ペンドル・ヒルへ行くまで/ペンドル・ヒル学寮/アナ・プリントンとその夫君/マサとの出会い/踏切番のおじいさん/四つの眼/ヴィルヘルム・ゾルマンとナチ/ゾルマン氏との別れ/キャロライン・グレイヴスン/神秘体験をめぐって/キャロラインとの別れと再開/ガールズ・クラブの人びと/ドラ・ウィルスン/日本人の二人ぐらし/ペンドル・ヒルの春/医学志向への復帰/パリ行き/ペンドル・ヒル以後

4 現実の荒波の中で
東大入局と終戦と文部省経験と/愛生園見学の記/文部省日記/新しい生活/関西へ/愛真聖書学園/子どもの病気/フランス語塾経営/名無しの会/カナディアン・アカデミー/女子大とらい園にて

「あとがき」にかえて  神谷宣郎

妹への手紙

解説:森まゆみ

本書は、間近にせまる死を予感しつつ、みずからの生のあしあとをたどった、著者の絶筆である。

控えめな、抑制された文章からは、ひとがひとり生きぬくことの重さが静かに伝わってくる。著者は本書の刊行をみることなく、1979年10月22日、65歳の生涯を閉じた。新資料「妹への手紙」を収める。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする