本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『神谷美恵子コレクション 人間をみつめて』(みすず書房)

『神谷美恵子コレクション 人間をみつめて』神谷美恵子(みすず書房)シリーズ全5冊

未読

2004年
361頁




目次(収録作品)

I 人間について
はじめに
第1章 いのちとこころ
いのちを支えるもの――外なる自然について/脳とこころ(1)――内なる自然について/脳とこころ(2)――新しい脳のもたらしたもの/人格について/知性について/こころのいのち

第2章 人間の生きかた
自発性と主体性について/反抗心について/欲望について――何がたいせつか/生存競争について/使命感について

第3章 人間をとりまくもの
科学と人間/病める心をみつめて――罪の問題/死について/自我というもの/人間を超えるもの/愛の自覚
おわりに

II らいとともに
らいと私
らいとの出会い/島との出会い/島との再会

島の精神医療について
その歴史/島の精神医療の特殊性/生きる力をみつめて/島のしごとをかえりみて

光田健輔の横顔

III 島日記から
島日記から

あとがき(1971年、朝日新聞社版「人間をみつめて」)
改訂版へのあとがき(1974年、同右)

万霊山にて

米国のらい病をたずねて
カーヴィルへの道/病院の沿革、運営について/患者の生活について/医学的方面について/リハビリテーションについて/見学を終って

長島愛生園入園者宛て書簡

解説:加賀乙彦
ハンセン病関連年表

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする