本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『鶴見俊輔コレクション4 ことばと創造』(河出文庫)

『鶴見俊輔コレクション4 ことばと創造』鶴見俊輔、黒川創編(河出文庫)シリーズ全4巻

未読

2013年
424頁




目次(収録作品)

1 表現の胎動(日本思想の言語ー小泉八雲論/漫才との出会い/『鞍馬天狗』の進化 ほか)
2 ことばが息づくとき(言葉のお守り的使用法について/らくがきと綴り方/かるた ほか)
3 創造の窓を開け放つ(一つの日本映画論ー「振袖狂女」について/戦争映画について/日本映画の涙と笑い ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする