本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『鶴見俊輔コレクション2 身ぶりとしての抵抗』(河出文庫)

『鶴見俊輔コレクション2 身ぶりとしての抵抗』鶴見俊輔、黒川創編(河出文庫)シリーズ全4巻

未読

2012年
492頁




目次(収録作品)

1 わたしのなかの根拠(「殺されたくない」を根拠に/遠い記憶としてではなく ほか)
2 日付を帯びた行動(いくつもの太鼓のあいだにもっと見事な調和を/すわりこみまでー反戦の非暴力直接行動 ほか)3 脱走兵たちの横顔(脱走兵の肖像/ポールののこしたもの ほか)
4 隣人としてのコリアン(詩人と民衆/朝鮮人の登場する小説 ほか)
5 先を行くひとと歩む(コンラッド再考/田中正造ー農民の初心をつらぬいた抵抗 ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする