本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『鶴見俊輔コレクション1 思想をつむぐ人たち』(河出文庫)

『鶴見俊輔コレクション1 思想をつむぐ人たち』鶴見俊輔、黒川創編(河出文庫)シリーズ全4巻

未読

2012年
485頁




目次(収録作品)

1 自分の足で立って歩く(イシが伝えてくれたこと/イシャウッドー小さな政治に光をあてたひと ほか)
2 方法としての伝記(戦後の新たな思想家たち/戸坂潤ー獄死した哲学者 ほか)
3 家のなかの夢(伸六と父/義円の母 ほか)
4 名残のおもかげ(ヤングさんのこと/大臣の民主主義と由比忠之進 ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする