本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『渡辺京二コレクション2 民衆論 民衆という幻像』(ちくま学芸文庫)

『渡辺京二コレクション2 民衆論 民衆という幻像』渡辺京二、小川哲生編(ちくま学芸文庫)全2巻

未読

2011年
528頁




目次(収録作品)

小さきものの死
六〇年安保と吉本隆明・谷川雁―大衆像の問題をめぐって
民衆論の回路
義理人情という界域
現実と幻のはざまで
死民と日常
石牟礼道子の世界―講談社文庫版『苦海浄土』解説
石牟礼道子の時空
石牟礼道子の自己形成
山河にかたどられた人間〔ほか〕

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする