本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『命題コレクション 哲学』(ちくま学芸文庫)

『命題コレクション 哲学』坂部恵・加藤尚武編(ちくま学芸文庫)

未読

2008年
475頁




目次(収録作品)

古代ギリシアの哲学―宇宙と魂の原理
ヘレニズム・ローマの哲学
中世・ルネサンスの哲学
近代哲学―科学精神と内面性
イギリス市民哲学の流れ
啓蒙主義とドイツ観念論
生と実存の哲学
認識と経験
現象学と解釈学
科学への反省
社会哲学の原点と展開

ソクラテスからデリダまで古今の哲学者52名の思想について、日本の研究者52名がひとつの言葉(命題)を引用しながら丁寧に解説する。
文庫化にあたり熊野純彦による「レヴィナス」の項を追加。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする