本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『チャペック旅行記コレクション4 北欧の旅』(ちくま文庫)

『チャペック旅行記コレクション4 北欧の旅』カレル・チャペック、飯島周訳(ちくま文庫)シリーズ全5冊

未読

2009年
301頁




目次(収録作品)

1 デンマーク(デンマーク/コペンハーゲン)
2 エーレスンドの対岸(エーレスンドの対岸/ストックホルムとスウェーデン人 ほか)
3 ノルウェー(オスロ/ベルゲン鉄道路線 ほか)
4 ふたたびスウェーデンで(北のツンドラ/スウェーデンの深い原始の森 ほか)

故郷をこよなく愛するとともに、世界の多様な風景・風俗を愛したチャベックは多くの旅行記を遺している。その優しくユーモラスな筆致は、深い悲しみと叡智を底に秘め、世界中に今もなおファンが多い。本書は1936年、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーを巡った記録。船と鉄道と車で、原始の面影を残す森やフィヨルドをたどり、壮大な自然と素朴な人間の暮しを感動いっぱいに描く。イラスト多数。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする