本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『チャペック旅行記コレクション2 チェコスロヴァキアめぐり』(ちくま文庫)

『チャペック旅行記コレクション2 チェコスロヴァキアめぐり』カレル・チャペック、飯島周訳(ちくま文庫)シリーズ全5冊

未読

2007年
234頁




目次(収録作品)

1 チェコ国内絵図(わが故郷/イラーセクの地 ほか)
2 プラハめぐり(1)古いプラハ(プラハの起伏/古いプラハのために ほか)
3 プラハめぐり(2)成長するプラハ(プラハっ子の驚き/大きなプラハ ほか)
4 プラハめぐり(3)そこで暮らす人びと(聖十字架の丘/ラファンダ地区 ほか)
5 スロヴァキア絵図(土地の顔/オラヴァ ほか)

故郷をこよなく愛するとともに、世界各地の多様な風景・風俗を愛したチャペックは多くの旅行記を遺している。その巧妙でユーモラスな筆致は、深い人間愛と洞察を底に秘め、世界中に今もなおファンが多い。本書は故郷チェコスロヴァキアの国内見聞記。子どもの頃から親しみ、童話の舞台にもなった風景や人々の暮らしを丁寧にあたたかく描くなかに、鋭い社会批評が挟まれる名エッセイ。イラスト多数。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする