本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『知覚の現象学』メルロ=ポンティ(法政大学出版局)

『知覚の現象学』モーリス・メルロ=ポンティ、中島盛夫訳(法政大学出版局)

未読

改装版2015年
881頁




目次(収録作品)

緒論 古典的偏見と現象への復帰(「感覚」/「連合」と「追憶の投射」/「注意」と「判断」/現象の領野)
第1部 身体(客体としての身体と機械論的生理学/身体の経験と古典的心理学/自己の身体の空間性と運動機能/自己の身体の総合/性的存在としての身体/表現としての身体と言葉)
第2部 知覚された世界(感覚すること/空間/他人と人間的世界)/第3部 対自存在と世界における(への)存在(コギト/時間性/自由)

[関連]
『知覚の現象学』(全2冊)(みすず書房)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする