本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『パリ論/ボードレール論集成』ベンヤミン(ちくま学芸文庫)

『パリ論/ボードレール論集成』ヴァルター・ベンヤミン、浅井健二郎編訳、久保哲司・土合文夫訳(ちくま学芸文庫)

未読

2015年
599頁




目次(収録作品)

パリ−十九世紀の首都
パリ−十九世紀の首都 梗概
ボードレールにおける第二帝政期のパリ
ボードレールにおけるいくつかのモティーフについて
セントラルパーク
土星の環、あるいは、鉄骨建築についていくつかのことを
パサージュ
パリのパサージュ 1
パリのパサージュ 2
ボードレール論全体の構想
ブランキについて
「ボードレールにおける第二帝政期のパリ」初期草稿断片
「ボードレールにおける第二帝政期のパリ」のための予備研究
方法論的序説断片
方法論的序説草稿
趣味

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする