本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『芸術の贈りもの シュタイナーコレクション7』(筑摩書房)

『芸術の贈りもの シュタイナーコレクション7』ルドルフ・シュタイナー、高橋巌訳(筑摩書房)シリーズ全7巻

未読

2004年
395頁




目次(収録作品)

第1部 芸術論(新しい美学の父ゲーテ(ウィーン一八八八年一一月九日)/芸術心理学(ドルナハ一九二一年四月九日)/それぞれの芸術の本質(ベルリン一九〇九年一〇月二八日)/感覚的=超感覚的なものと芸術によるその表現(ミュンヒェン一九一八年)/芸術的想像力の源泉と超感覚的認識の源泉(ミュンヒェン一九一八年五月五日)/色と音の世界を道徳的に体験する(ドルナハ一九一五年一月一日)/空間遠近法から色彩遠近法へ(ドルナハ一九二三年六月二日)/音楽的なものの本質(ケルン一九〇六年一二月三日)/人類進化の表現としての建築様式(ドルナハ一九一九年一二月一三日))
第2部 色彩論(色彩の本質(ドルナハ一九二一年五月六ー八日))

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする