本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『カントの人間学』フーコー(新潮社)

『カントの人間学』ミシェル・フーコー、王寺賢太訳(新潮社)

未読

2010年
229頁




目次(収録作品)

1 『人間学』の日付
2 前批判期とのかかわり
3 批判期後とのかかわり
4 使用=慣用の地平
5 心と精神ーカント哲学の本源的事実
6 鏡のなかの反復ー『純粋理性批判』と『人間学』
7 源泉・領域・限界ー超越論哲学への通路
8 体系的、大衆的
9 『人間学』の位置
10 人間学的錯覚と二〇世紀の哲学

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする