本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『マネの絵画』フーコー(ちくま学芸文庫)

『マネの絵画』ミシェル・フーコー、阿部崇訳(ちくま学芸文庫)

未読

2019年
357頁




目次(収録作品)

第1部 マネの絵画
第2部 ミシェル・フーコー、ひとつのまなざし
(チュニジアのフーコー(ラチダ・トリキ)/マネ、あるいは鑑賞者の戸惑い(キャロル・タロン=ユゴン)/表/裏、あるいは運動状態の鑑賞者(ダヴィッド・マリー)/「ああ、マネね…」-マネはどのように“フォリー・ベルジェールのバー”を組み立てたか(ティエリー・ド・デューヴ)/フーコーのモダニズム(カトリーヌ・ペレ)/美学における言説編成(ドミニック・シャトー)/美術とおしゃべりな視線(ブランディーヌ・クリージェル)/イメージの権利(クロード・アンベール))

「マネの絵画」(フーコーの講演)
「ミシェル・フーコー、ひとつのまなざし」(2001年に行われたシンポジウム)

[関連]
『マネの絵画』ミシェル・フーコー、阿部崇訳(2006・筑摩書房)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする