本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ピエール・リヴィエール』フーコー(河出文庫)

『ピエール・リヴィエール―殺人・狂気・エクリチュール』ミシェル・フーコー編著、慎改康之・柵瀬宏平・千條真知子訳・ 八幡恵一訳(河出文庫)

未読

2010年
502頁




目次(収録作品)

1 訴訟関連資料
犯行と逮捕/予審/手記/法医学鑑定書/裁判/牢獄と死/追加資料

2 論考

動物、狂人、死(ジャン=ピエール・ペテール、ジャンヌ・ファヴレ)/物語られる殺人(ミシェル・フーコー)/情状酌量(パトリシア・ムーラン)/王殺し―親殺し(ブランディーヌ・バレ=クリージェル)/ピエール・リヴィエール対比研究(フィリップ・リオ)/医師と判事(ロベール・カステル)/理性の間欠(アレッサンドロ・フォンタナ)

犯罪と精神医学との関係をめぐる研究の過程で、十九世紀フランスの小さな農村に住む一人の青年が母、妹、弟を殺害した事件に出会ったフーコーらは、この殺人犯が残した手記の美しさに驚嘆し、手記を含む訴訟資料の一式および事件に関する論考を一冊にまとめた。フーコーにおける権力と知の分析にとっての記念碑的労作であると同時に希有の強度にみちた名著を、最新の研究成果をふまえて新訳。

amazon商品説明より


[関連]
『ピエール・リヴィエールの犯罪―狂気と理性』ミシェル・フーコー編、 岸田秀・久米博訳(1995・河出書房新社)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする