本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ミシェル・フーコー思考集成5 1974-1975 権力・処罰』(筑摩書房)

『ミシェル・フーコー思考集成5 1974-1975 権力・処罰』ミシェル・フーコー、小林康夫・松浦寿輝・石田英敬編、監修:蓮實重彦・渡辺守章(筑摩書房)全10巻

未読

2000年
487頁




目次(収録作品)

132  人間的本性について―正義対権力 (1974)〔※チョムスキー、エルダースとの討議〕
133  『中国の第二の革命』について (1974)
134  『中国の第二の革命』について (1974)
135  D・ビザンティオスについて (1974)
136  権力のメカニズムにおける監獄と収容所 (1974)
137  アッティカ刑務所について (1974)
138  セクシュアリテと政治 (1974)
139  真理と裁判形態 (1974)
140  反懐古趣味 (1974)
141  狂気、権力の一問題 (1974)
142  精神鑑定に関する座談会 (1974)
143  精神医学の権力 (1974)
144  序文―B・ジャクスン『彼らの監獄 アメリカの囚人たちによる自伝』に寄せる (1975)
145  手紙―M・クラヴェルに宛てる (1975)
146  狂人の家 (1975)
147  消防士が裏を明かす (1975)
148  政治とは、別の方法による戦争の継続である (1975)
149  哲学者たちは何を夢想しているのか? (1975)
150  フォトジェニックな絵画 (1975)
151  拷問から監房へ (1975)
152  尋問の椅子で (1975)
153  あるフランス人哲学者の見た監獄 (1975)
154  エクリチュールの祭典 (1975)
155  父の死 (1975)
156  監獄についての対談―本とその方法 (1975)
157  権力と身体 (1975)
158  マドリード行き (1975)
159  『マルグリット・デュラスについて』 (1975)
160  精神病院、性、監獄 (1975)
161  ラジオスコピー (1975)
162  狂人を装う (1975)
163  ミシェル・フーコー―哲学者の回答 (1975)
164  サド、性の法務官 (1975)
165  異常者―コレージュ・ド・フランス1974-1975年度講義要旨(1975)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする