本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『知の考古学』ミシェル・フーコー(河出文庫)

『知の考古学』ミシェル・フーコー、慎改康之訳(河出文庫)

未読

2012年
435頁




目次(収録作品)

1 序論
2 言説の規則性(言説の統一性/言説形成 ほか)
3 言表とアルシーヴ(言表を定義すること/言表機能 ほか)
4 考古学的記述(考古学と思想史/独創的なものと規則的なもの ほか)
5 結論

[関連]
『知の考古学』ミシェル・フーコー、中村雄二郎訳(新装版2006・河出書房新社)単行本

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする