本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『言葉と物―人文科学の考古学』フーコー(新潮社)

『言葉と物―人文科学の考古学』ミシェル・フーコー、渡辺一民・佐々木明訳(新潮社)

未読

1974年
474頁




目次(収録作品)

第1部
第1章 侍女たち
第2章 世界という散文
第3章 表象すること
第4章 語ること
第5章 分類すること
第6章 交換すること

第2部
第7章 表象の限界
第8章 労働、生命、言語
第9章 人間とその分身
第10章 人文諸科学

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする