本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『臨床医学の誕生』ミシェル・フーコー(みすず書房)

『臨床医学の誕生』ミシェル・フーコー、神谷美恵子訳(みすず書房)

未読

2011年
392頁




目次(収録作品)


第一章 空間と分類
第二章 政治的意識
第三章 自由な場
第四章 臨床医学の淵源
第五章 施療院の教訓
第六章 徴候(シーニュ)と症例
第七章 見ること、知ること
第八章 屍体解剖
第九章 不可視なる可視
第十章 熱病の問題
結論

訳注
訳者あとがき
解説(斎藤環)

文献
索引

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする