本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『中沢新一対談集 惑星の風景』(青土社)

『中沢新一対談集 惑星の風景』(青土社)

未読

2014年
382頁




目次

1 自然の叡智
自然との関係を取り戻すために(クロード・レヴィ=ストロース)
惑星の風景(ミシェル・セール)
「近代」を乗り越えるために(ブルーノ・ラトゥール)

2 心のアルケオロジー
心と言葉、そのアルケオロジー(吉本隆明)
超人間、超言語(吉本隆明)
イニシエーションの知恵(河合隼雄)
河合隼雄は思想家である(河合俊雄)
「人類滅亡教」・骨の話・死体の話・「無」と唯一絶対神(養老孟司)

3 現代のアルス・ノーヴァ
名付ける科学と語る科学(中村桂子)
エコロジーの大転換(管啓次郎)
これからはじまる音楽のために(細野晴臣)
怪談都市、江戸。(杉浦日向子)
柱は魂の発射台だった!(藤森照信)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする