本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ブラジルへの郷愁』レヴィ=ストロース









『ブラジルへの郷愁』クロード・レヴィ=ストロース、川田順造訳(大型本・1995・みすず書房)231頁

『ブラジルへの郷愁』クロード・レヴィ=ストロース、川田順造訳(単行本・2010・中央公論新社)233頁

目次 単行本

ブラジルとの出会い(サン・パウロとピラポラ/イタティアイア山/パラナ、サンタ・カタリーナ/ゴイアス)/カデュヴェオ族からボロロ族へ(カデュヴェオ族/ボロロ族)/ナンビクワラ族の世界/アマゾニアで(ムンデ族/トゥピ=カワイプ族)/帰途


『ブラジルへの郷愁』クロード・レヴィ=ストロース、川田順造訳(大型本・1995・みすず書房)
amazon

『ブラジルへの郷愁』クロード・レヴィ=ストロース、川田順造訳(単行本・2010・中央公論新社)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする