本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『遠近の回想 増補新版』レヴィ=ストロース、エリボン(みすず書房)

『遠近の回想 増補新版』クロード・レヴィ=ストロース、ディディエ・エリボン、竹内信夫訳(みすず書房)

未読

2008年
384頁




目次(収録作品)

プロローグ
第一部 ドン・キホーテの帰還
1 オッフェンバックからマルクスへ/2 フィールドに立つ民族学者/3 ニューヨークの放浪生活/4 旧世界への帰還/5 数字8の秘密/6 パリの構造主義/7 コレージュ・ド・フランスにて/8 緑の礼服――アカデミー・フランセーズ/9 「退屈することはありません」
第二部 精神の法則
10 結婚の掟/11 感覚的世界/12 スー族、哲学者、科学/13 歴史の掃き溜めのなかで/14 鳥の卵採りの後を追って/15 思考の働き
第三部 複数の文化、単一の文化
16 人種と政治/17 文学/18 絵画の内容/19 音楽と声
エピローグ
二年後に(対談)


訳者あとがき
人名索引

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする