本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『やきもち焼きの土器つくり』レヴィ=ストロース(みすず書房)

『やきもち焼きの土器つくり』クロード・レヴィ=ストロース、渡辺公三訳(みすず書房)

未読

新装版1997年
370頁




目次(収録作品)


職人仕事のあり方と結びついた性格の特徴/ヨーロッパの例/職業文化のないところでは、このような結びつきは異なった規準にしたがう/ヨーロッパの俗信には土器作りがとりあげられていない/本書はそれをどう補い、説明しようとするか/とりあげる問題の列挙
第1章
ヒバロ族の神話とその異伝/《形の定まらぬもの》の理論/女と土器作り/本書の第一の主題の提示
第2章
「嫉妬深い技」としての土器作り/その神話的起源/南北アメリカにおける粘土の主/ヒダッツァ族のやきもち焼きの土器つくりの女/土器作りをめぐる宇宙的戦い
第3章
南アメリカにおける死の鳥、ヨタカの神話/ヨタカの神話と天体の争いの神話圏とのつながり/その三つの主題、すなわち食い意地、夫婦の不和と嫉妬、はじけること
第4章
土器作りの竈と料理の火/ヨタカと土器作り、カマドドリの理論/チャコその他の地域の神話/基本定式の適用
第5章
北アメリカにおけるヨタカの神話/南アメリカで見出された三つの主題がふたたび見出される/《動く岩》の物語に見られる《はじけるもの》の主題、その物語は夫婦の不和と嫉妬につながる
第6章
口唇による欲望と肛門による保持、ヨタカとナマケモノの対決/ヒバロ族の起源神話へ、宇宙的戦いと人間の戦争/年老いた敵としてのナマケモノ/南アメリカの諸神話におけるナマケモノの位置と役割
第7章
宇宙論的象徴としてのナマケモノ/ナマケモノの糞/インディアンの知恵とナチュラリストの知識/ナマケモノとヨタカの新しい相関と対立関係/土器作りと機織
第8章
動物素を求めて/ナマケモノの変換項としてのアリクイ/口なしあるいは肛門なしの赤い小人/リス、キンカジュー、コエンドゥー、サリーグ/樹上性動物群の理論
第9章
世界の階梯と近所迷惑の問題/肛門による漏出の象徴としてのホエザル/基本定式の二回目の適用
第10章
糞、流星、嫉妬、分断された身体、そのセットが北アメリカにも見出されること/イロクォイ族の起源神話/イロクォイ族における夢判断の役割/カリフォルニア南部の神話への序論
第11章
やきもち焼きの土器作りとしてのカリフォルニアの造物主あるいは文化英雄/アンデス山麓部の神話との対照/月と流星神話分析における記号の恣意性/カリフォルニア南部の神話と南アメリカのナマケモノ神話の関係/これらの神話の提起する問題/基本定式の三回目の適用
第12章
クラインの壺型の神話/吹き矢、パイプその他のチューブ/精神分析的解釈とその検討/身体の穴の意味場/肛門による欲望、口唇による漏出と保持/バクの理論/基本定式の四回め、五回めの適用
第13章
神話的思考の性質、すなわち複数のコード/心理=身体的コードの位置/口唇性と肛門性/食物摂取のサイクルと器の技術的サイクル/器と内容物との弁証法/土器作りの家族の保守性と嫉妬/女性と土器の外婚制/膣によって保持する女/太平洋北岸から吹き矢およびアマゾニアへの帰還
第14章
ヒバロ版『トーテムとタブー』/精神分析的解釈の原理の批判/象徴の二つの見方/フロイトとユング/神話的思考そのものとしてのフロイトの思想/精神分析と人間諸科学関係についてのフロイトの考え方/隠喩の性質/性的欲動か論理的要請か/コードの相互的相対性、日本語の書記体系の例/ソフォクレスとラビッシュ、比較分析の素描/「意味する」とはどういうことか

付録 神話集(『神話論理』より)

[関連]
『やきもち焼きの土器つくり』クロード・レヴィ=ストロース、渡辺公三訳(1990・みすず書房)旧版
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする