本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『構造・神話・労働』レヴィ=ストロース(みすず書房)

『構造・神話・労働』クロード・レヴィ=ストロース、大橋保夫・三好郁朗・松本カヨ子・大橋寿美子訳(みすず書房)

未読

2008年
194頁




目次(収録作品)

I 講演
民族学者の責任
構造主義再考
神話とは何か
労働の表象
著者を囲むシンポジウム(大橋保夫)

II 対談
未開と文明
一民族学者のみた日本

あとがき  大橋保夫

1977年、レヴィ=ストロースは、国際交流基金の招きにより初めて来日し、6週間滞在した。本書は、滞日中におこなった講演、対話をすべて収録し、非公開のシンポジウムの記録を加える。民族学がはらむ問題を語った「民族学者の責任」をはじめ、「構造主義」「神話論」という構造主義人類学の方法論をわかりやすい言葉で語る、レヴィ=ストロース入門として格好の書。

みすず書房のサイトより

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする