本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『神話と意味』レヴィ=ストロース(みすず書房)

『神話と意味』クロード・レヴィ=ストロース、大橋保夫訳(みすず書房)

未読

新装版2016年
112頁




目次

序(ウェンディ・ドニジャー)

まえおき
1 神話と科学の出会い
2 “未開”思考と“文明”心性
3 兎唇と双生児――ある神話の裂け目
4 神話が歴史になるとき
5 神話と音楽

本書は、ラジオ放送された5回の講話を編集したもの。

[関連]
『神話と意味』クロード・レヴィ=ストロース、大橋保夫訳(1996・みすず書房)旧版
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする