本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『野生の思考』レヴィ=ストロース(みすず書房)

『野生の思考』クロード・レヴィ=ストロース、大橋保夫訳(みすず書房)

未読

1976年
408頁




目次(収録作品)


第一章 具体の科学
第二章 トーテム的分類の論理
第三章 変換の体系
第四章 トーテムとカースト
第五章 範疇、元素、種、数
第六章 普遍化と特殊化
第七章 種としての個体
第八章 再び見出された時
第九章 歴史と弁証法

付録
訳注 訳者あとがき 文献 人名・書名索引 事項索引

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする