本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『構造人類学』レヴィ=ストロース(みすず書房)

『構造人類学』クロード・レヴィ=ストロース、荒川幾男・生松敬三・川田順造・佐々木明・田島節夫訳(みすず書房)

未読

1972年
488頁




目次(収録作品)

序 (生松敬三訳)
第1章 歴史学と民族学

言語と親族 (佐々木明訳)
第2章 言語学と人類学における構造分析
第3章 言語と社会
第4章 言語学と人類学
第5章 第3章、第4章への追記

社会組織 (生松敬三訳)
第6章 民族学におけるアルカイスムの概念
第7章 中部および東部ブラジルにおける社会構造
第8章 双分組織は実在するか

呪術と宗教 (田島節男訳)
第9章 呪術師とその呪術
第10章 象徴的効果
第11章 神話の構造
第12章 構造と弁証法

芸術 (荒川幾男訳)
第13章 アジアとアメリカの芸術における図像表現の分割性
第14章 魚のつまった胴体をもつ蛇

方法と教育の諸問題 (川田順造訳)
第15章 民族学における構造の観念
第16章 第15章への追記
第17章 社会科学における人類学の位置、および、人類学の教育が提起する諸問題

〈訳者あとがきに代えて〉 人類学の視点と構造分析 (川田順造)
文献
索引

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする