本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『NO‐NO BOY』川手晴雄(KADOKAWA)

『NO‐NO BOY 日系人強制収容と闘った父の記録』川手晴雄(KADOKAWA)

未読

2018年
224頁




目次

プロローグ
第1章 砂漠に響く「天皇陛下万歳」の声
第2章 忠誠登録を拒否した父
第3章 私は「日本人」になる
第4章 栄光の442部隊
第5章 陸軍抑留所をたらいまわしにされた父
第6章 終戦とノーノーボーイたちの混乱
第7章 442部隊の勇者が帰ってきた
第8章 日本に帰ったノーノーボーイたち
第9章 市民権回復・謝罪・補償を求めて
第10章 強制収容の歴史を残す
第11章 証言を残す
第12章 日系人だけがなぜ「強制収容」されたのか
エピローグ

本書は、『私の父はノーノーボーイだった』を改題・再編集したもの。

[関連]
『私の父はノーノーボーイだった―日系人強制収容に抵抗した父の記録』川手晴雄(2010・青山ライフ出版)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする