本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『アメリカの汚名』リチャード・リーヴス(白水社)

『アメリカの汚名―第二次世界大戦下の日系人強制収容所』リチャード・リーヴス、園部哲訳(白水社)

未読

2017年
372頁




目次

第1章 真珠湾ー一九四一年十二月七日
第2章 大統領命令ー一九四二年二月十九日 行政命令九〇六六号の署名
第3章 持てるだけのものー布告第一号 一九四二年三月二日
第4章 「この国は白人だけのもの」-強制収容所オープニング 一九四二年三月二十二日~十月六日
第5章 砂漠のクリスマスー一九四二年十二月二十五日
第6章 アメリカ政府は、遅まきながら君を必要としているー二世の入隊 一九四三年一月二十九日
第7章 「忠誠」と「反逆」-トゥーリレイク収容所 一九四三年九月
第8章 「これがアメリカ的なやり方か?」-ハートマウンテン収容所における徴募拒否 一九四四年二月
第9章 「当たって砕けろ」-失われた大隊 一九四四年十月三十日
第10章 「家」に帰るーVJデー 一九四五年八月十五日

『INFAMY: the shocking story of the Japanese American internment in World War II』の翻訳。

[関連]
『INFAMY: the shocking story of the Japanese American internment in World War II』Richard Reeves
amazon・ペーパーバックamazon・ハードカバーKindle

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする