本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ゴー・フォー・ブローク!』渡辺正清(光人社NF文庫)

『ゴー・フォー・ブローク!―日系二世兵士たちの戦場』渡辺正清(光人社NF文庫)

未読

2004年
394頁




目次

日系二世は、なぜ、戦場を選んだのか
イタリアへの旅ミラノにて
日系二世部隊うまれる(アメリカ)
試される忠誠心(イタリア)
吹雪に死す(イタリア)
認められた戦闘能力(イタリア)
戦友との邂逅(イタリア)
ローヌ平原をゆく(フランス)
自由と平和の使者(フランス)
日系二世兵は消耗品か(フランス)
黒人兵は何処に(イタリア)
ムネモリ上等兵のブロンズ像(イタリア)
ダッハウ強制収容所(ドイツ)
戦場の声がきこえる(アメリカ)

[関連]
『ゴー・フォー・ブローク!―日系二世兵士たちの戦場』渡辺正清(2003・光人社)単行本

[参考]
『二世兵士 激戦の記録』柳田由紀子(新潮新書)

amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする