本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『がん患者学2―専門家との対話・闘病の記録』柳原和子(中公文庫)

『がん患者学2―専門家との対話・闘病の記録』柳原和子(中公文庫)

未読

2004年
456頁




目次(収録作品)

第2部 専門家にきく(がん患者はなにを怒り、恨むのか(石川寛俊)/抗がん剤治療、その選択権は誰に?(福島雅典)/私が代替医療に与しない理由(近藤誠)/開業医が進めるサイコオンコロジー(河野博臣)/消化器に学ぶー食生活とがん(大原純一)/栄養学はがん治療に無力か?(中村丁次)/日米のがん医療現場を解読する(入江健二)/宗教なき時代のがん治療(森岡正博))
第3部 再生ー私とがん

本書は、下記の『がん患者学―長期生存をとげた患者に学ぶ』の文庫版。二分冊の下巻と言える。

[関連]
『がん患者学―長期生存をとげた患者に学ぶ』柳原和子(2000・晶文社)600頁・単行本
amazon

『がん患者学1―長期生存患者たちに学ぶ』柳原和子(2004・中公文庫)

『がん患者学3―がん生還者たち―病から生まれ出づるもの』柳原和子(2004・中公文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする