本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『がん患者学1―長期生存患者たちに学ぶ』柳原和子(中公文庫)

『がん患者学1―長期生存患者たちに学ぶ』柳原和子(中公文庫)

未読

2004年
477頁




目次(収録作品)

第1部 患者は語る(身近な仲間たちをたずねる(一つとして同じがんがあるだろうか?/明らかながんの所見は認められません/医師をたよったのが、まちがいでした ほか)/代替医療機関の紹介をうける(生命をとるか、失明をとるか/もっとからだにやさしい療法でいきたい/再発させてはいけない ほか)/アメリカをたずねる(エンジョイ・ユア・ライフさ/ネバー・ギブアップ!))

本書は、下記の同じ書名の単行本の文庫版。二分冊の上巻と言える。

[関連]
『がん患者学―長期生存をとげた患者に学ぶ』柳原和子(2000・晶文社)600頁・単行本
amazon

『がん患者学2―専門家との対話・闘病の記録』柳原和子(2004・中公文庫)

『がん患者学3―がん生還者たち―病から生まれ出づるもの』柳原和子(2004・中公文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする