本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『ちくま哲学の森』4いのちの書(ちくま文庫)

『ちくま哲学の森』(全8巻)鶴見俊輔・安野光雅・井上ひさし・森 毅・池内紀編集 (ちくま文庫)

哲学者の論文、批評家のエッセイ、文学者の随想、生活者の意見など、あらゆるジャンルから、秀れた日本語によるわかりやすく示唆に富んだ文章だけを集めた。(筑摩書房のサイトより)

『ちくま哲学の森 4 いのちの書』

2011年12月7日
440頁

「おばあちゃん」金子光晴
「私は百姓女・老いて」吉野せい
「暁を見る」ヘレン・ケラー(岩橋武夫訳)
「最初のハードル」戸井田道三
「萩の花」宮本常一
「病床断想」吉田満
「或る遺書について」塩尻公明
「死生」幸徳秋水
「臨終の田中正造」木下尚江
「安吾のいる風景」石川淳
「「ガリヴァー」の作者の死」中野好夫
「狂気について」渡辺一夫
「絞首刑」G・オーウェル(小野寺健訳)
「拷問」ジャン・アメリー(池内紀訳)
「夏の花」原民喜
「穴ノアル肉体ノコト」澁澤龍彦
「墓」正岡子規
「チョウチンアンコウについて」梅崎春生
「牧歌」モーパッサン(青柳瑞穂訳)
「魂について」小泉八雲(田部隆次訳)
「生きがいを求めて」神谷美恵子

*解説 「いのち」と枯葉 安野光雅

[関連]

『洟をたらした神』吉野せい
中公文庫[amazon]

『わたしの生涯』ヘレン・ケラー、岩橋武夫訳
角川文庫[amazon]

『或る遺書について』塩尻公明
文庫[amazon]

「死生」幸徳秋水
青空文庫
Kindle版・無料

「臨終の田中正造」木下尚江
青空文庫
Kindle版・無料

『安吾のいる風景・敗荷落日』石川淳
講談社文芸文庫[amazon]

『渡辺一夫評論選 狂気について 他二十篇』渡辺一夫
岩波文庫[amazon]

『オーウェル評論集』小野寺健編・訳
岩波文庫[amazon]

「夏の花」原民喜

『都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト』澁澤龍彦

「墓」正岡子規
青空文庫
Kindle版・無料

『モーパッサン短編集1』青柳瑞穂訳
新潮文庫[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange