本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ダーウィン著作集3 植物の受精』ダーウィン(文一総合出版)

『ダーウィン著作集3 植物の受精』チャールズ・ダーウィン、矢原徹一訳(文一総合出版)

未読

2000年
446頁




目次(収録作品)

植物の受精(はじめに/ヒルガオ科/ゴマノハグサ科・イワタバコ科・シソ科など/アブラナ科、ケシ科、モクセイソウ科など/フウロソウ科、マメ科、アカバナ科など/ナス科、サクラソウ科、タデ科など/交配・自家受精植物の草丈と重さに関する要約/体質的な成長力やその他の点での交配植物と自家受精植物の違い/種子生産に対する他家受精と自家受精の効果/受精の方法/花の受精に関連した昆虫の習慣/一般的な結論)

解説(『植物の受精』-五つの研究分野を育んだ著作の先見性と限界)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする