本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『ちくま哲学の森』3悪の哲学(ちくま文庫)

『ちくま哲学の森』(全8巻)鶴見俊輔・安野光雅・井上ひさし・森 毅・池内紀編集 (ちくま文庫)

哲学者の論文、批評家のエッセイ、文学者の随想、生活者の意見など、あらゆるジャンルから、秀れた日本語によるわかりやすく示唆に富んだ文章だけを集めた。(筑摩書房のサイトより)

『ちくま哲学の森 3 悪の哲学』

2011年11月9日
440頁

「銘文」ダンテ・アリギェリ(日夏耿之介訳)
「毒もみのすきな署長さん」宮澤賢治
「湯の町エレジー」坂口安吾
「マザー・グース・メロディー」花田清輝
「悪人礼賛」中野好夫
「仲間と犯した窃盗のこと」アウグスティヌス(山田晶訳)
「困ったときの友」(原題:A friend in need is a friend indeed)モーム(龍口直太郎訳)
「善良な田舎者」F・オコナー(須山静夫訳)
「尋問調書・補遺」P・キュルテン(池内紀訳)
「蒼白の犯罪者」ニーチェ(氷上英廣訳)
「韓非(抄)」貝塚茂樹
「酷吏列伝」司馬遷(福島吉彦訳)
「陰謀について」マキアヴェリ(永井三明訳)
「エスパニョーラ島について」ラス・カサス(染田秀藤訳)
「民族解放戦争における北アフリカ人の犯罪衝動性」F・ファノン(鈴木道彦・浦野衣子訳)
「市民社会における貨幣の権力」マルクス(三浦和男訳)
「無感覚なボタン」武田泰淳
「善人ハム」色川武大
「おかしな男の夢」ドストエフスキー(小沼文彦訳)
「ベルガモの黒死病」ヤコブセン(山室静訳)
「山に埋もれたる人生ある事」柳田國男
「歎異抄(抄)」親鸞(増谷文雄訳)

*解説 三つの悪 鶴見俊輔

[関連]

「毒もみのすきな署長さん」宮澤賢治
青空文庫
Kindle版・無料

「湯の町エレジー」坂口安吾
青空文庫
Kindle版・無料

『悪人礼賛―中野好夫エッセイ集』(ちくま文庫)
悪人礼賛[amazon]

『韓非』貝塚茂樹(講談社学術文庫)
韓非[amazon]

『コスモポリタンズ』モーム、龍口直太郎訳(ちくま文庫)
コスモポリタンズ[amazon]

『オコナー短編集』F・オコナー、須山静夫訳
オコナー短編集(新潮文庫)[amazon]

『遠野物語・山の人生』柳田国男(岩波文庫)
遠野物語・山の人生[amazon]

『山の人生』柳田国男(角川ソフィア文庫)
山の人生[amazon]

青空文庫
Kindle版・無料

『歎異抄』増谷文雄
歎異抄(ちくま学芸文庫)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange