本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『尾根のかなたに―父と息子の日航機墜落事故』門田隆将(小学館文庫)

『尾根のかなたに―父と息子の日航機墜落事故』門田隆将(小学館文庫)

未読

2012年
304頁




目次(収録作品)

第1章 戦士は戻りぬ(二十五年ぶりの尾根/大学中退の異色の自衛隊員 ほか)
第2章 「ふつう」が幸せ(夜の暗さが耐えられない少年/運命のいたずら ほか)
第3章 遺書の重荷(キャンプから消えた父/重なり合った小さな偶然 ほか)
第4章 父が残した機内写真(写し出された乗客のうしろ姿/“反抗期”が救った命 ほか)
第5章 検視する側にまわつて(城崎と共に生きた父/満洲からの帰還 ほか)

本書は、『風にそよぐ墓標―父と息子の日航機墜落事故』を改題し文庫化したもの。

[関連]
『風にそよぐ墓標―父と息子の日航機墜落事故』門田隆将(2010・集英社)単行本
amazon

[参考]
「尾根のかなたに ~父と息子の日航機墜落事故~」(テレビドラマ)監督:若松節朗(2013)(WOWOWプライム2012年放送)
amazon DVDamazon Blu-ray

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする