本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『山田風太郎育児日記』山田風太郎(朝日新聞社)

『山田風太郎育児日記』山田風太郎(朝日新聞社)

未読

2006年
286頁



戦後の混乱が一段落した昭和29年に第一子をもうけた山田風太郎が、長女13歳、長男10歳の昭和42年末までつづった子育ての記。父になる戸惑いと喜び。いたずらを見つかったわが子の表情に「悪の愉しみと悲しみ」を見いだす作家としての眼差し。ふと「死ぬっていやだなあ」と口にした5歳の子に「天国へゆくんだ」とはいえない自分を知り、感じる悲しさ。子供の世界をいとおしみ、面白がる風太郎の面目躍如。

出典:朝日新聞出版 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする