本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『戦中派虫けら日記―滅失への青春』山田風太郎(ちくま文庫)

『戦中派虫けら日記―滅失への青春』山田風太郎(ちくま文庫)

未読

1998年
602頁




昭和17年(1942)11月から昭和19年(1944年)12月までの日記。

〈嘘はつくまい。嘘の日記は無意味である〉戦時下、明日の希望もなく、心身ともに飢餓状態にあった若き風太郎の心の叫び。

あの時代、青空だけは美しかった。20歳の青年は、軍需工場で働いていた。医学校を志しながら、本を読んでいた。どんな将来のためかまるでわからないまま。

出典:筑摩書房 公式サイト

[関連]
『戦中派虫けら日記―滅失への青春』山田風太郎(1994・未知谷)単行本
amazon

『滅失への青春―戦中派虫けら日記』山田風太郎(1973・大和書房)単行本
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする