本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新装版 戦中派不戦日記』山田風太郎(講談社学術文庫)

『新装版 戦中派不戦日記』山田風太郎(講談社学術文庫)

未読

2002年
704頁




昭和20年(1945)1年間の日記。

私の見た「昭和20年」の記録である。満23歳の医学生で、戦争にさえ参加しなかった。「戦中派不戦日記」と題したのはそのためだ――(「まえがき」より)。 「歴史」「死」に淡々と対峙する風太郎の原点がここにある。終戦直後の日本人の生活精神史としても実感できる貴重な記録。

amazon商品説明より

[関連]
『戦中派不戦日記 山田風太郎ベストコレクション』(角川文庫)

『戦中派不戦日記』山田風太郎(1985・講談社文庫)541頁・旧版
amazon

『戦中派不戦日記』山田風太郎(1971・番町書房)330頁
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする