本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『戦中派不戦日記 山田風太郎ベストコレクション』(角川文庫)

『戦中派不戦日記 山田風太郎ベストコレクション』山田風太郎(角川文庫)

未読

2010年
608頁



昭和20年(1945)1年間の日記。

激動の昭和20年を、当時満23歳だった医学生・山田誠也(風太郎)がありのままに記録した日記文学の最高峰。いかにして「戦中派」の思想は生まれたのか? 作品に通底する人間観の形成がうかがえる貴重な一作。

出典:KADOKAWA 公式サイト

[関連]
『新装版 戦中派不戦日記』山田風太郎(講談社学術文庫)

『戦中派不戦日記』山田風太郎(1971・番町書房)330頁
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする