本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『プーチン幻想』グレンコ・アンドリー(PHP新書)

『プーチン幻想』グレンコ・アンドリー(PHP新書)

未読

2019年
256頁




目次

第1章 日本人が知らないプーチンの本性(日本における「反中親日」という幻想/プーチン体制はいかにして出来上がったのか/プーチンの対欧米外交 ほか)
第2章 ロシアは「約束を破るために約束をする」(ロシア人の歴史認識/「アニメが好きなロシア人は親日」という勘違い/現代ロシア人の日本像 ほか)
第3章 ウクライナの教訓ー平和ボケと友好国への盲信が悲劇を招く(ソ連末期のウクライナの状況/主権宣言に仕込まれた時限爆弾=「非核三原則」/アメリカはソ連の崩壊を望まなかった ほか)

倉山満氏推薦! 「かつてウクライナは、世界三位の核保有国だった。しかし『非核三原則』を掲げ、あげくはクリミアをロシアに奪われた。日本在住のウクライナ人が、平和ボケ日本人に贈る警告の書。プーチンに騙されるな! 」

柔道、秋田犬、反中親日……日本人が知らないこの男の裏の顔

本書帯より


[参考]
『ウクライナ人だから気づいた日本の危機』グレンコ・アンドリー(2019・扶桑社)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする