本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『亡国の移民政策』坂東忠信(啓文社書房)

『亡国の移民政策』坂東忠信(啓文社書房)

2018年
207頁




目次

第1章 日本は既に「移民国家」(日本の教育水準はダダ下がり/外国人増加の原因は日本人にもある ほか)
第2章 安易なインバウンドで治安と安全が崩壊する(高速道路格安乗り放題で日本人の「轢かれ損」/日本人逆差別「Japan Expressway Pass」ほか)
第3章 日本の社会福祉がタダ乗りされる(中国人移民はこうして増殖する/民泊が不法滞在の温床になる ほか)
第4章 外国人労働者受入れという亡国システム(改善された難民申請システム/入管の難民処遇と新しい「人権問題」ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする