本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『証言でつづる日本国憲法の成立経緯』西修(海竜社)

『証言でつづる日本国憲法の成立経緯』西修(海竜社)

未読

2019年
516頁




目次

第1編 日本国憲法はこうして生まれたー日本人が果たした、それぞれの役割(憲法改正への幕開けー内大臣府での作業/憲法問題調査委員会(松本委員会)の設置と政府案の作成/総司令部との関係でー終戦連絡中央事務局での体験/ひらがな・口語体の政府案作成/枢密院での審査/第9条の発案者をめぐって/帝国議会での審議)
第2編 マッカーサー草案はこうして生まれた(マッカーサー草案の作成経緯/マッカーサー草案を起草した人たち/連合国総司令部(GHQ)に所属していた人たちなど)
第3編 文民条項はこうして生まれた

原案を起草した8人を含む日本国憲の成立にかかわった人たち計45人へのインタビュー記録。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする